プロジェクト進行状況

【製造工程】締めばた(タテ絣締め)

みなさまおがみしょうら!
タテ絣の締めばた担当の黒田です。
現在まで【原料となる絹糸について】【糸繰り・整経】【糊張り作業①】【糊張り作業②】【図案(設計)】【締めばた準備】と進めてまいりました。
(前回までの記事はタイトルクリックでご覧いただけます。)

今回は縦糸の「絣締め」についてご紹介します。
前回は絣締め作業を行う前工程で、「ふん付け」「ひじき巻き」をご紹介しました。今回は実際の作業です。

「絣締め」を行うのは、「締め機」と呼ばれる大きな織機です。皆さんがご存じの「織機」より2~3倍近い大きさがあります。
写真を見て頂くとわかるのですが、沢山の糸が締め機の後ろから前にあります。これは「ガス糸」と呼ばれる綿糸です。この綿糸は後の工程で捨てられてしまう糸です。

足の部分にペダルがあり、足を踏みかえる事で、この綿糸が上下に入れ替わります。この入れ替わった間に、糊張り糸をまいた「ひじき」を通し織り上げていきます。
締めの動画はこちら

この綿糸を図案(設計図)に沿って必要な部分にだけ残し、一列一列ずつ織り上げていきます。今回の柄では後の工程も考え20種類の糸が必要になる為、1種類の糸が織り上がったら、綿糸のセッティングを変え、2種類目を織り始めます。
綿糸の筬通し(柄ぬき)の動画はこちら
上記のように図案とぴったり合っていることを確認してから次の絹糸を織り始めます。
織り上がったものも図案に合わせて再確認。ここで間違うと最終の織りまで響いてきます。

この作業を繰り返し行い「絣筵(かすりむしろ)」と言うものを作り上げていきます。
縦の絣締めの場合、特に前回紹介した「ふん付け」の印をしっかり一定の位置に合わせる事が重要です。

力と正確な作業を求められる為、通常男性の作業する事が多いです。最近ではエアーコンプレッサーなども使い、女性でも作業が出来るようになってきてはいますが、職人の大部分が男性で行われています。
この作業は時間がかかりますのでしばらく工場にこもります。
今後ヨコ糸の締めばたも紹介いたしますのでぜひご覧くださいませ。

関連記事

1 month ago

本場奄美大島紬Nextプロジェクト
クラファンでの注文販売は、あと4日!本場奄美大島紬協同組合の若い世代で、次世代に本場奄美大島紬を挑戦!age!! スケルトン秋名バラこちらは和装デザイナーウエオカタロー氏にデザインしたもの。秋名バラ柄は、大島紬でも龍郷柄に次ぐ代表的な柄になります。奄美にある秋名地区で生活用具として使われていました竹を編んで作られた「サンバラ」というザルをモチーフにした柄になります。秋名地区は、島でも指折りの水田風景が広がり、旧暦8月最初の丙(ひのえ)に行われる祭事「海の彼方(ネリヤ)の神々への祈願する平瀬マンカイや秋名田袋を見下ろす片屋根で行われるショチョガマは、国の重要無形文化財に指定されています。今回のデザインは、秋名バラ柄を骨組みで表現したもの。遠くからは秋名バラ柄に見え、対面した際に見えてくる粋なデザイン。どうしてこのようなデザインになったかは、見る人によりストーリーが生まれます。染大島紬 モンドリアン柄 幾何学柄こちらは和装デザイナーウエオカタロー氏にデザインによる「モンドリアン柄」「幾何学柄」を無地の大島紬にデジタル捺染した、新しい大島紬の取り組みになります。秋名バラ薔薇柄こちらは和装デザイナーウエオカタロー氏デザインによる秋名バラ薔薇を、ギルディング和紙とのコラボレーション。大島紬に奄美で作った帯をつけてほしいという想いから生まれたものです。next柄こちらの商品は、本場奄美大島紬NEXTプロジェクトはじまりの柄で、次世代に残していくためにどんな柄がいいか、若い職人たちで考案。「龍郷柄」は奄美に群生するソテツと奄美に生息するハブをモチーフに図案化した柄を言い、様々な形状や大きさがあります。
私たちが制作しているものは、今までよく作られていた大きめの柄ではなく、細かい「龍郷柄」になり、着物の柄の主張と、着る方を引き立てるというバランスをもった気品を感じさせる柄になります。
 柄の小型化は通常よりも高い技術が必要となり、この商品を作ることで若い世代の職人の技術力を高めることにもつながります。■和装デザイナー ウエオカタロー氏ホビー会社のメディコム・トイやバンダイ、グラミー賞ミュージシャンのサンダーキャットとのコラボレーションをはじめ、数々のテレビ番組・CMへの衣装提供、企業へのオリジナル制作等も行う。英国・ロンドンの国立ヴィクトリア&アルバート博物館にアイテム数点が永年収蔵■和装デザイナー ウエオカタロー氏ホビー会社のメディコム・トイやバンダイ、グラミー賞ミュージシャンのサンダーキャットとのコラボレーションをはじめ、数々のテレビ番組・CMへの衣装提供、企業へのオリジナル制作等も行う。英国・ロンドンの国立ヴィクトリア&アルバート博物館にアイテム数点が永年収蔵■注文受付先(クラウドファンディング)camp-fire.jp/projects/view/711897#大島紬 #本場奄美大島紬 #本場大島紬 #奄美 ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 months ago

本場奄美大島紬Nextプロジェクト
展示会inギャラリー日比谷 最終日!2日目に、箔大島太陽のモデルをつとめていただきました、白形ももさんにご来場いただきました!高校生とは思えない圧倒的なパフォーマンスと大胆なポージングに箔大島の可能性を引き立ててくれました。本日最終日となっており17時までとなります。箔大島は羽織ることもできますので、ぜひこの機会にご来場ください。皆様のご来場お待ちしております。会場 ギャラリー日比谷日比谷駅からすぐの晴海通り沿いにあり、鹿児島県物産展近く#本場奄美大島紬 #大島紬 #奄美 ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 months ago

本場奄美大島紬Nextプロジェクト
明日から開催です!皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。ギャラリー日比谷にて、展示・受注会開催。1月11日(木)〜13日(土)、日比谷駅からすぐの晴海通り沿いにあり、鹿児島県物産展近くにあるギャラリー日比谷にて、2024collection展示・受注会 を開催します。会場には、本商品をはじめプロジェクトで制作したNEXT柄の大島紬からモダンな大島紬まで見ることができます。また、織り機も展示いたしますので、実際に織っている姿を見に来てください。11日13:00-19:0012日11:00-19:0013日11:00-17:002024新商品コレクションブック発行今回発表する新商品を羽織ったモデルの撮り下ろし写真に加え、制作までのストーリーや、和装デザイナーウエオカタロー氏や関わった職人のコメントなどをまとめた一冊にまとめたコレクションブックを発行いたします。一生物のカバーは大島紬を使用した記念となるコレクションブック。現在実施中のクラウドファンディングの返礼品になっています。詳細はキャンプファイヤーページにて。camp-fire.jp/projects/view/711897(NEXTに関わる商品を取り揃えています)#大島紬 #本場奄美大島紬 #本場大島紬 #奄美 #Kimono ... See MoreSee Less
View on Facebook